無添加だけを見てドッグフードは選ばない

ドッグフードは無添加であることを確認することが大切です。しかし、無添加であればどんなドッグフードでもいいのかというとそうではありません。添加物以外にも犬の健康的な生活を妨げるものが存在しています。いくつか存在していますが、その中でもドッグフードに含まれることが多いのが穀物類です。無添加であっても穀物類が多く含まれているとあまりよくないと言われていますが、なぜ穀物は犬にとってよくないのでしょうか。

まず、穀物があまりよくないと言われている理由の一つには肥満が上げられます。穀物には糖質が含まれています。人間でも糖質を多く含んでいるものを食べ続けると肥満に繋がると言われていますが、犬でも同じことが言えます。肥満になると心臓や体全体に与える負担は大きくなります。負担を少なくするためにも体づくりは大切なので、穀物類が多く含まれているドッグフードは無添加でも避けた方がいいでしょう。

また穀物は消化不良の原因になることもあります。人間には穀物を消化するためのアミラーゼという消化酵素があるため消化不良を引き起こすことはありませんが、犬は人間のようにはアミラーゼをたくさん持っていません。その為、なかなか消化がされませんし、胃や腸への負担も大きくなるので健康的には負担が大きいものとなります。

犬の健康を考えても穀物が大量に含まれていない無添加のドッグフードを選ぶといいでしょう。

参考|穀物不使用ドッグフード《MogWan》


無添加のドッグフードが安全だと言われる理由

添加物が使用されているドッグフードが体に良くない傾向があるということは知ってもらったかと思いますが、無添加が安全だと言われる理由についても知っておきたいと思っている人が多いのではないでしょうか。ここでは、無添加が健康につながる理由について説明します。

まず1つ目は人が食べられる食材を使用していることです。以前までのドッグフードは、動物の肉と言ってもどこの部位を使用しているのかなどを詳しく表記していないものが多く存在していました。何が含まれているのか分からないまま購入していた人もいるかと思いますが、何を使っているのか詳しく説明していないドッグフードには病気で死んだ動物の肉などを使用しているケースもあると言われています。愛犬のことを大切に思うのなら、ドッグフードの原材料にも拘りたいものです。

また2つ目は健康に害のある添加物が含まれていないというのも魅力的な部分です。一般的なドッグフードには長く保存できるように添加物が含まれていることがありますが、これは犬の健康的にはよくありません。それに比べて無添加のドッグフードは添加物が一切含まれていないので、添加物による病気のリスクを抑えることができます。